Natural restrant

アプリ

 

 

 

 

 

 

お得なクーポン配布中♪
必要な情報をすぐにゲットできるセサミのアプリはこちら

アプリ

 

 

 

 

 

 

お得なクーポン配布中♪
必要な情報をすぐにゲットできるセサミのアプリはこちら

ブログ

どうしてそんなに安い商品が作れるのか?

世界には開発途上国と言われている国が143~145国(196国中)もあります。
世界の7割が貧困ってどういうことでしょう?

また、特に開発の遅れた47ヶ国(2019)が「後発開発途上国」と呼ばれ、特に低所得国とされています。アフリカ33ヶ国、アジア9ヶ国、大洋州4ヶ国、中南米1ヶ国が分類され、アフリカの貧しい国はサハラ砂漠より南に集中しています。

わたしはぶっちゃけ貧困国は知識も働く意欲も低く、お金もないので、恵まれた環境になれないのだと思っていました。

それがオーガニックを学んでからはガラリと180度考え方が変わってしまいました。

実は私たちは普段、途上国で生産された日用品や食料品が驚くほど、安い価格で買っています。砂糖、チョコレートやコーヒー、果物や野菜、ハーブやスパイス、お茶、油、ドライフルーツや野菜、コットンや花、スポーツ用品などです。

もちろんすべてではありませんが、私たちが食品売り場であたりまえと思っている買い物は、実は地球の反対側でその安さを生み出すために誰かを貧困にさせる仕組みに加担していました。

生産国では、正当な対価が生産者に支払われなかったり、生産性を上げるために必要以上の農薬が使用され、環境が壊されたり農民の健康に害を及ぼしたりしています。

途上国の問題として、栄養失調、HIVエイズ、アルコールやコカの依存症、乳児死亡、結核などがあげられます。

しかし、経済成長をしている都市に訪れた人々の目はそんな大変な状況になっているようには移りません。それは、都市から離れた農村に起こっていたからです。

これらの地域の多くは干ばつ、酷暑、洪水、暴風雨など異常気象による災害が多発して農畜産物に打撃を与えています。

農民たちは屋根をシートで覆ったような簡易な場所で暮らしています。そんな外で状況から脱出したいのですが、そのためには外で仕事を見つけなくてはいけません。

そこをつけこんだ大企業が民間の契約者を使って、「お金が稼げて安定した生活ができるよ」などとだまして農民を都市近郊の仕事に勧誘します。

しかしそれは家畜と同じように扱われ、立ったまま30時間以上も車で連れて来られたり、実際は奴隷のように1日14時間位働かされるのにもかかわらず、数百円くらいの安価な日当しかもらえません。もちろん、日本とは物価も違いますが、調理道具や生活必需品などの支給もしてくれないのでその中から買って暮らしていかなくてはいけません。

もちろん、貯金も出来ず、家族にお金を送ることもできません。安全な水やトイレもなく、テント暮らしをしているので、清潔な環境でいられる訳はありません。

テント近辺は異臭が漂い、結核などの感染症も多発します。そんな生活に嫌気をさす農民は支給されるコカやお酒で依存症になり、お母さんたちは育児放棄をし、乳幼児は死亡したり、子供が栄養失調で歩くこともできないという状態にもなります。

男性は借金してでも売春宿に通い、家族にまでHIVが移っていきます。

しかし、季節が終わると失業ということになりますが、帰る交通費もなく路上生活をしていくほかありません。どうしようもないので、それを毎年何十年と繰り返していきます。

それが安い商品を作る一例です。私が学んだ「ドイツIOBオーガニック専門家」の創設者レムケなつこさんが実際目にしてきた現実です。他にも子供が学校もいけずに親から離れて朝から晩まで働いたり、女性は身体を売ってお金を稼ぎます。

この搾取と衰弱の悪循環が安い商品を生産させます。

これを企業がやっていることだからと片付けますか?だけど、あなたもその安い商品、買いますよね?高い高いといって、オーガニックは買いませんよね?

私たちが安い商品を買い求めるうちはこの仕組みは変わりません。私達がその商品を生産者に担う価格帯で支払わない分、それが誰かの苦しみに変わっています。

フェアトレードという仕組みがあります。生産者に労働環境や生活水準が保証され、環境にも優しく農薬を使わない配慮がなされる持続可能な取引システムになっています。

https://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/

ちょっぴり高いなと思うかもしれません。しかし、わたしたちがこれらの原料や製品を適切な価格で継続的に買っていくことにより、彼らの生活水準の向上と自立に手を貸せることになります。

あなたはどちらを手伝いますか?

オーガニックは、自分にとっていいものだけではなく、誰かの苦しみを生み出すことなく、次世代にも持続可能な社会を実現するための仕組みです。

いつもお話することですが、買い物は投票です。何を買うかが、何を支持するかに繋がります。

https://is.gd/Qq4F6j

今は買いにくい日本のオーガニックですが、たくさんの人が注目する事によって市場が変わって買いやすくなっています。数年前にアメリカは1ヶ月にオーガニックを一万円程買おうという運動がありました。それにより、今ではオーガニックのスーパーマーケットがたくさん出来ました。

日本でも始めましょう!
私たちの子孫が幸せに生きられる持続可能なシステムを。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ステップメールで、現代の食や環境の毒を知り、デトックスレシピなどの情報を配信しています。ぜひ、あなたにも登録していただけると嬉しいです。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です