どうして米は小麦なの?

こんにちは。
今や健康食の代表とも言われている「玄米」。


その栄養価は素晴らしいものですが、私は
大変おススメしたいのですが、その反面食べて
具合が悪くなる人もいます。


数回にわたり、玄米や白米について様々な
観点からを良いところ悪いところを考えて
みたいと思います。


主食としての穀類

穀類が主食であるということは人間の生理的にも
納得がいく構造になっています。

その理由は…-

・人間の歯の6割は臼歯で穀類を噛むのに適していること。
・ 腸は長くて草食動物に近いこと。

そして、主食として成り立つ条件としては-

・収穫量が多いこと- 収穫が安定していること-
・長期保存可能のであること-
・少量でもエネルギー性が高いこと

米の生育には

・生育期に20度以上の高温であること
・降水量が多いこと
・広大な平野や大河があること

などがあげられます。いずれを満たすのは
アジアが最も適しており、世界の総生産のうち
約9割をアジアの国々で生産・消費しています。

穀類とは米、麦、ひえ、アワ、豆、きび、そば、
芋などのことで、これらは80~90%がでんぷん
(複合炭水化物)です。

でんぷんは胃腸でゆっくりと消化吸収され、
解毒排出されるので血を汚さず、健康維持に
適した食物です。

実際に穀物中心(食事の6~7割)の民族は
どれも長寿だと言われています。

例えば、ニューギニアのパプア族、食事の95%が
芋であっても非常に健康的であるという民族も
少なくないようです。

すべての動植物は太陽のエネルギーを受けて
生きています。植物は二酸化炭素と太陽エネルギー
と水により、でんぷんなどの有機物を生成し、
酸素を放出し(光合成)生態系の中で最も多くの
太陽のエネルギーを保持しています。

その中で最も強いのは穀類で、またその中でも
玄米は最高です。

小麦は太陽の少ない冬に咲く植物なので、稲ほど
のエネルギーは蓄えることは出来ません。

エネルギー=カロリーというと太ると捉える方が
多いのですが、ここで押さえておきたいのは
炭水化物は、でんぷんと糖質の2つに分類すること
が出来、脂肪に変わりやすいのは糖質の方と言えます。

もちろん、過剰に摂りすぎて、また上手く解毒
できない体内環境になっていれば話は別ですが…

そのあたりは糖質のところで触れていきたいと
思います。
また、米に比べパンが太りやすいというのは、
製造過程で油や糖質などを混ぜて作られるためです。

米であってもパエリアやチャーハンのように
それらを混ぜ込んで調理された場合は同じに
なります。

▼まとめ

米が私達日本人の主食であることは人体の構造
からも、主食条件としても最適であるからです。

米は最も消化しやすく、解毒排出しやすい。
また、太陽のエネルギーをふんだんに吸収
保持した高エネルギー食である。

「本当の食事」とは何か?

日本の不安な食事情を変えていきたいと
考えている方は私の公式LINEで
「日本でオーガニックを広める必勝法」
を読んでください。 

順次、お得な情報もお渡ししていきます。

▼参考文献
愛と和食がすべてを癒す 井上明著
食物養生大全 鶴見隆史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。