オーガニック商品の価格破壊

こんにちは。

これを聞いてあなたはどう考えますか?

オーガニックが安くなれば いいなあ。

とみんな考えますよね? 

私もそう思います。 

2017年Amazonがアメリカで最も人気のある

オーガニック スーパーの「ホールフーズ」 が

買収されたこともあり、 日本のネット業界でも 

オーガニックが手に入りやすくなりました。 

レストランをやっていた時も中々食材が

揃わない部分はアマゾンにお世話になったこと 

が多数あります。 

気軽に購入できることはありがたいのですが 

これは逆を言えば、企業からの値下げ圧力で 

真面目にコストをかけてオーガニックに取り組む

小規模な農家や企業が今までの慣行農業と同じ 

道を辿り、食い物にされ ていく可能性があります。 

利益や効率ばかりが重視され、オーガニックが 

大量生産で工業化していく。 

海外でも、小規模農家が 徐々に消滅する傾向に

なってきているようです。 

オーガニックには4つの原則があります。 

ざっくりいうと 

1,生態系のバランスを基準に 

2,地球の健康は全て繋がっている 

3,公正な対価や労働であるべき 

4,未来を含めた全ての命への配慮 

※言い方で誤解があるかも ですが今回はなんとなくで

また誤解されやすいところですが 

有機=オーガニック=ビオ ≠有機栽培 有機JAS(日本)

ユーロリーフ(EU) USDAオーガニック(アメリカ)など 

オーガニック(有機)と名乗るためには、それぞれの国の

基準を満たし、 認証を受けてなくてはいけません。 

これらの数値はあくまで基準で あって、安心な天然由来の

農薬や肥料も使いすぎれば生態系を壊すこととなり、

オーガニックの原則は無視 されていきます。 

消費者が厳密な規定を求めるばかりに生産者側は

マーク(認証)を付けることだけに注意がいって

しまい、 肝心な生態系の循環システムを守るという

本来のオーガニックの 目的を失ってしまいます。 

もちろん、インチキな商品を 高い価格で買ったり

したくはない ので、噓のない流通が行われるべき 

ですが、 認証がどうこう、有機JASがインチキだと

かいう議論よりも、まずオーガニックの原則に従い

農家さんが生産しやすい環境を 作っていくことが

今の私達消費者 の役割ではないでしょうか。

「本当の食事」とは何か?
日本の不安な食事情を変えていきたい
と考えている方は私の公式LINEで

「日本でオーガニックを広める必勝法」
を読んでください。
   ↓ ↓ ↓
https://lin.ee/lmbS5El

順次、お得な情報もお渡ししていきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。