地球の食の七不思議

何を信じたらいいの?


いったい私は何を食べたらいいのだろうか…


この世の中の情報は嘘ばっかりだと言うことは
分かったけど、いざ調べてみても、いっていることが
真逆でサッパリ分からん…


なんてお悩み、ありませんか?

端から端まで調べる時間もないし、お偉いお医者さんの
話は訳が分からん…

カロリー計算して、食事制限して、頑張って運動しても
サッパリ瘦せない。

地球は温暖化だと言ってるけど実際CO₂削減したところで
本当に温度下がんの?

下がったら、災害とかなくなるの?

マクロビとか人気みたいだけど、すごく効果がある人もいれば、
まったく効果がない人もいる。


今度はその大元の中医学薬膳は素晴らしいというけど、中国漢字
から調べまくらないと、まったく意味が分からない…

中医学は哲学だと言われる位、奥が深い…
しかし、程々理解するには半年から1年はかかる訳だし、うん10万とお金もかかり果てしない努力が必要…

結局、何も調べられず、何を食べたらいいのか、分かるようには
全然ならない。

調べても無駄なの?


私も同じでした。
勉強は大好きだし、調べるのは楽しい!

だけれども、その効果があっちでもこっちでも言っていることが
違うので、仕事として行うのは勇気がいります。


だから、あれこれ調べて納得したかった。

西洋栄養学を学生の時に学んで忠実に教えを実行してきましたが、
10年前、体を壊したことをきっかけに噓の世界を知りました。

毎日、たまごと牛乳は必ず食べます。

お肉もお魚の動物たんぱく質は、大豆のような植物タンパクよりも
優れていてたくさん必要。

生野菜は体を冷やすので程々に水は一日1.5L以上飲みましょう。

塩分は控えめに…

ごはんは太ります。
果物も太ります。

摂取カロリーと消費エネルギーのカロリー計算で太る瘦せるが決まります。

4年間高いお金(親が払ってます💧)と時間をかけて学んだことがすべての
不調をもたらしました。

栄養学のすべてが噓だと思っているわけではありません。

栄養学の学者さんは私なんかよりもずっとずっと頭がよくて、ずっとずっと色々なことを知っています。

しかし、世の中はその方たちの研究結果が素晴らしければ、素晴らしい程、世に出すことが難しいという現実があります。

栄養学が日本に普及したときには、栄養士は乳業メーカー大手3社の社員しかなれなかったといいます。

この地球は結局、資本主義社会「今だけ、金だけ、自分だけ」が当たり前の世界です。

そのような現実がこの地球上にはあると仮定して、「味の素 グルタミン酸ナトリウム」と検索してみてください
「国際的な公的機関で安全が繰り返し確認されています。」と明記されています。

もちろん、自社商品を「危険性があります」とは書けません。


洗剤商品のホームページに「水道に流せば、川を汚し、海を汚し、結果、私たちが飲む水になって戻ってきます」

なんて、書ける訳がありません。私だって書きません(売りませんが💧)

様々な研究にはお金がかかります。研究結果は、基本は販売するものではないのでお金が稼げるものではありません。

スポンサーがつかないと大きな研究は出来ません。
テレビも同じです。スポンサーが不利益になる情報は出せません。

大手企業も、社長より株主の方が上です。


世の中の情報がまず、どこから出ているか、また株主やスポンサーをチェックするとその情報の信頼性が見えてきます。

だから、あきらめないで欲しいのです。

すべて噓に感じるかもしれないけど批判を浴びても、真実の情報を出してくれている人は必ずいるのです。

これからは情報戦です…
と言われますが、一番悪いのは「すべて信じられない」とまったく調べないことです。

情報ゼロには出来ません。


つい何となく耳にする、みんなが言っている情報が一番疑うべき情報の可能性が高いです。

調べないということは、その常識がすべてという事になります。

結局、何が正しいの💧?


あぁー💦!じゃーどうすればいいのさっ
とそろそろ切れてきましたよね。

そこで今回、栄養学、中医学薬膳、本場ドイツのオーガニック、自然食、ハーブファスティングなど学び、150冊以上の専門書を読んできた筆者がオンライン講座を始めます。

「地球の食の七不思議」

地球の食のおかしな現象に宇宙総合防衛軍のスミス大佐は危機を感じ、特別指令を出されました。

「日本の食育戦士を集合させろ!」

地球の食の七つの不思議を解明し、今までの「今だけ、金だけ、自分だけ」資本主義循環を四方良しの循環に塗替える戦略をスミス大佐は考えています。

我こそは「食育戦士」とピンと来たらこちらのリンクをクリックして、スミス大佐の待つ、宇宙総合防衛軍基地に飛んでください!


土、植物、動物、人の四方良し
生産者、消費者、販売者、環境の四方良し


そんな四方よしの循環システムが作れたら、みんなが幸せに暮らせるベースが作れると思いませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。