ヴィーガンとベジタリアンどう違うの?

 ちまたで最近話題のヴィーガンとベジタリアン。どっちもストイックに野菜だけしか食べない人でしょ?とか、宗教とか、どちらかと言うとわがままな人にとらえがち。

しかし、よく知ることで結局誰がわがままなのかよくわかると思います。
最後までしっかりと読んでくださいね。

私はヴィーガンでもベジタリアンでもありませんが、イタリアンの店を18年間経営していて、そこで一年半前から、オーガニックとヴィーガン料理を導入し始めました。そしてこのヴィーガンとベジタリアンの良さを理解しました。

しかし、ビーガンを含むベジタリアン人口は

イギリス 2014年15万人→2018年60万人
アメリカ 2009年1%→1017年6%2000万人
と他のヨーロッパ諸国でも人口の10~14%と若い世代に多く約半数は35歳未満の人々に急速に増えています。

世界で一番はインドが29%で、これは宗教上の規制から派生した結果であるようですし同様にインドネシア25.4%も貧困であるがゆえに肉を食べる習慣がないのではとも思えます。

日本は5%前後と言われていますが、私はそんなにいないんじゃないかとみています。20人に一人という確率で出会ってはいませんし、それに合った市場がついていっていません。

ヴィーガンとベジタリアンの違い

元々ベジタリアンは宗教上やそれまであった様々な論理からくる菜食者から1847年に英国ベジタリアン協会として確立されました。

その後、1944年英国ヴィーガン協会が設立し完全採食者だけが、ヴィーガンとして独立していったようです。
ヴィーガンは、VEGETARIANの間を抜いて生まれた言葉で、ベジタリアンのように野菜しか食べないという概念ではなく、可能な限り動物搾取や残虐な行為を排除した生き方をしている人達です。

ベジタリアンは、下記のように様々な理由から細かく分類されています。

セミベジタリアン
(肉△魚△卵〇乳製品〇蜂蜜〇)
基本的に穀菜食でお肉を食べる割合が少ない

ポウヨウ(チキン)ベジタリアン
(肉△魚△卵〇乳製品〇蜂蜜〇)
基本的に穀菜食で鶏肉以外のお肉は食べない

ペスクタリアン/ペスコ ベジタリアン
(肉✕魚〇卵〇乳製品〇蜂蜜〇)
基本的に穀菜食でお肉は食べないが魚は食べる

ラクト ベジタリアン
(肉✕魚✕卵〇乳製品〇蜂蜜〇)
基本的に穀菜食で卵と乳製品も食べる

オボベジタリアン
(肉✕魚✕卵〇乳製品✕蜂蜜〇)
基本的に穀菜食で卵も食べる

ラクトベジタリアン
(肉✕魚✕卵✕乳製品〇蜂蜜〇)
基本的に穀菜食で乳製品も食べる

本当はもっと細かく分類されるようですが、ここではここまで。
要するに、穀菜食中心で後は何を食べていい、悪いということにを宗教的、又は健康面から選んで実行しているククリです。

ヴィーガンはもちろん(肉✕魚✕卵✕乳製品✕蜂蜜✕)ですが、その中でも

ダイエタリービーガン 自分の健康のために選んでいる人
エジカルヴィーガン 動物愛護のためにヴィーガンになった人
エンバイロメンタル・ヴィーガン 環境問題を考えてヴィーガンになった人

と、いろいろいます。複数の場合もあるでしょう。

健康のためになぜこれらを摂らないかは、今後取り上げていきます。乳製品についてはこちら→https://is.gd/hgHCPb

次の章ではヴィーガンの倫理について詳しく語っていきたいと思います。

地球全体生命のために

ヴィーガンとは、先もお話ししたように可能で実用的な限り動物への搾取や残虐な行為を排除した生き方です。そのために消費しないものとして

1,肉、魚、卵、乳製品、はちみつなど植物由来以外のも

2,衣類(皮、毛皮、ウール、シルク、羊毛、スウェード、アンゴラ、モヘヤなど)

3,家具など(羽毛の入った枕・布団、毛皮など)

4,動物実験されているもの(化粧品、シャンプー、洗剤など)

5,エンターテイメント(動物、サーカス、水族館、乗馬、象乗りなど)

6,製造過程で動物が使われているもの(ワイン、ビールなど)

7,動物の自然生育地を脅かす製造の仕方をしているもの(バーム油)

が挙げられます。こうみると、私たちが普通に使っているもの、そしてなくてはならないと思っているものですよね。

しかし、私たちが使用する度、目には見えないところで動物たちへの犠牲に加担してしまっていることに気が付かなくてはなりません。

サーカスや水族館の動物や魚達は、人間の見世物になるために生まれてきた訳ではありません。実験用に生まれ檻の中だけで育ち必要なくなったら殺されていくものもいます。自由に寝たり、行きたいところにいくことも許されません。先日、足を縛られ見世物にされながら、象が子供を産む動画をみました。生命の誕生の大切さを見て喜ぶ前に、今生きているその重い鉄の鎖を付けて1mも移動できず苦しむお母さん象の心をいたわってくれ。

私たちは気が付かなくてはいけません。動物は私たちのおもちゃではないことを。犬や猫はペットとして大切に育てるが、牛や豚は食肉になるために自由に動くこともできない工場的な光も当たらない場所で食べたくないものも無理やり口の中に押し込められ抗生物質を打たれ殺される。

人間がより自分より弱い動物を支配していること、ペットは残虐行為は許されなくて家畜は私たちが食べるためだから仕方がない?そんな、動物を商品とした種差別をヴィーガンの人たちは消費しないことで抗議しようとしています。

ヴィーガン志向で地球環境のダメージを減らす

現在世界の飢餓は8億2000万人。しかし、地球上にそれらを満たすための作物はもう既に作られています。(穀物26億トン)

そこには食品ロスという先進国が起こす問題もあります。しかし、それが改善されたとしても、その豊富な穀物は貧国国には行き渡らず、家畜のえさになり裕福な層の食肉となり、お腹の贅肉になります。

畜産用の穀物と家畜を育てる土地が世界の1/3以上の面積になっています。そして、今もなおアマゾンなどの森林の91%が畜産の為に伐採され続けています。
もう、これ以上人間の為に自然を破壊してはいけないんです

動物たちのためだけでなく、これは人間の為にでもあります。もし、私たちがこれ以上気が付かないふりをして同じように肉や乳製品などを買い続ければ、もっともっと企業が売上を伸ばそうと畜産用の土地を作るために森林を伐採し続けるでしょう。

「地球では1位秒間にサッカー状一面分の緑が消えている。」

健康のリスクとして多くの機関が特に赤みの肉などが原因であることを挙げています。

WHO(世界保健機関):赤肉と加工肉に発がん性物質がある
WCRF(世界がん研究基金):赤肉、加工肉、魚などに発癌性
NIH(アメリカ国立衛生研究所):赤肉と心筋梗塞リスク上昇
NHLBI(アメリカ国立心肺血液研究所):卵と心臓病リスク上昇

動物を食べなくても、森林を伐採しなくても私達は生きていける。

ビーガンの栄養

野菜だけ食べていて栄養が足りるのかと言えば、そう足りちゃうんです。

しかし、それはバランスの良い食べ方をした場合です。野菜サラダを毎日大盛り食べるだけでは体調不良になりますし、植物たんぱくは動物たんぱくに比べその栄養パワーは劣ります。

豆類、野菜、穀物、ナッツ、海藻、果物などを全て取り入れていく必要があります。どうしても不足がちになる栄養素はビタミン12、たんぱく質、カルシウム、鉄分、亜鉛、オメガ3系脂肪酸があります。努力していかなくてはいきませんが毎日コンビニ弁当やスーパーのお惣菜を食べているよりはずっと良いかもしれません。

ヴィーガン有名人としては、マイケルジャクソン、ブルースリー、マドンナやポール・マッカートニー、アルバート・アインシュタイン、スティーブ・ジョブス、ヴァン・ゴッホ宮沢賢治藤子不二雄、真木蔵人、サンプラザ中野くん、ローラ、中谷美紀、財津和夫、市川海老蔵、マツコ・デラックスまで!うそー

まとめ

私はヴィーガンでも~ベジタリアンでもないけれど、ヴィーガンの論理に合わせて、飢餓や貧困、気候変動、動物愛護、そして健康のためにできる限り動物性食品を食べないようにしています。地球上にはあと30年で食べるものがなくなるといわれていますので、私たちが今すぐ畜産について考えなくてはいけない時がきています。

わがままなのは誰か?

森林伐採、動物実験、動物虐待、自社利益のために自然を壊し生き物の命を軽視して来た企業や国や個人。もちろん、それが一番悪いです。

私は環境破壊を自分では何もできないものとして、誰かが何とかしてくれるのを待ち続けながら、知らず知らずのうちにこれらの悪のループの中でそれに加担しそこから出ようとしない人達だって罪は大きいと思います。

まず、べジタリアンやヴィーガンになれというのではなく、それを知って誰かに伝えるだけだっていいんです。今の仕事がそれに加担していることであれば少しずつでも変わっていきましょう。セサミキッチンがビーガンやオーガニック料理にシフトしているのもそのためです。まだまだ、全然出来ていない(めちゃ肉料理が売れている💦)けれど、わたしは努力を止めない。

30年後に作物がぐんぐん育つような地球の大地が蘇るよう動き出しましょう!みんなで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「こころと身体のデトックス」無料ステップメールで出すべき毒と入れない毒のお話を配信しています。

知りたい人はこちらのリンクから登録してください⇩

https://is.gd/6VlPDK

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オーガニック栄養効果

次の記事

シェフの手荒れ対策