日本の食料自給率はなぜそんなに低いのか?

日本の食料自給率はカロリーベースで38%
しかし、なぜそんなに低いのか考えたことは、ありますか?

こんにちは。
sesame detox storeです。

本日は、戦前は殆ど100%に近かった
食料自給率を何がそんなに下げたのか
というお話をしたいと思います。

農林水産省のホームページには
https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/ohanasi01/01-01.html

1,食べるもの(品目)の変化
2,外食・中食(冷凍食品やお総菜など)
  などの普及による食べ方の変化
3,いつでも世界のあらゆるものが
  食べられる豊かな食生活
をあげられています。

しかし、本当にそうでしょうか?

戦後から今まで、ずっと日本はアメリカ
の支配下にあります。

仲良くみえても、日本は長い間アメリカに
都合のいい政策を採らされてきたのです。

そして、アメリカの圧力により
「自由貿易」が始まり、日本が輸入に
頼らないとやってはいけない政策に
置き換わり、日本農業は守られること
なく、衰退化の道を歩んできました。

スーパーマーケットの棚に商品が全く
なくなる日がもうそこに来ていると
言われています。

あなたの備えは大丈夫ですか?

sesame detox storeのFacebookグループ
「スパイラルマーケットチーム」では、
農家から直接買ったり、燃料を出来るだけ
減らした輸送方法で完結する地産地消の
方法をみんなで一緒に考えて進めて
いきます。(もちろん無料)

ぜひ、Facebookをやっていない方もこれを
機会に(このためだけでも)始めて参加
されてみてはいかがでしょうか?

スパイラルマーケットチーム完全ガイド
 https://sesame-kitchen.info/spiral-market-team-complete-guide/

あなたの参加をお待ちしています。

Facebookグループ「スパイラルマーケットチーム」 https://www.facebook.com/groups/567484494341901/

 

 

 

 

「食品ロスなし!キッチンの裏技」を、無料レポートでプレゼントしています!

 

ご登録は今すぐクリック⇩


友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。