昔の人は玄米を食べていたの?

こんにちは。
玄米は白米に比べ比較にならない程、
豊富な栄養があります。

米を白くすると書いて「粕」、
米を健康に すると書いて「糠」
という字になります。

昔の人は糠や胚芽にこそ、大切なものが
たくさん詰まっているということを
自然と 知っていたのですね。

しかし、歴史上、その健康的な玄米では
なくずっと白米が食べられてきました。

なぜでしょう? 本日は鶴見隆史先生の
「食物養生大全」 から、白米が食べられて
きた歴史を 抜粋してお話したいと思います。

▼白米が食べられてきた歴史

稲が出現したのは9000年ぐらい前。
それは 間違いないようなのですが、その頃も
玄米 ではなく白米で食べられていました。

中国の遺跡の壁画には「米を搗く」様子が
しっかりと描かれています。

そして中国から朝鮮半島、そして日本へと
伝わったのが、約3000年前の縄文時代 後期。


栽培方法と食する方法は両方同時に 伝わるはずです。

ですから、最初から 白米が食べられていたと
考えられています。

平安時代、宮中の女性の顔は「下膨れ」 が
当時の美人顔と言われてきました。

その頃もし、玄米が食べられていて、嚙み
砕く力が必要な環境だったら、もう少し、
がっちりとした顎形になっていたはずです。

白米を食べることが出来ていたのは、わずか
5%の公家や上流階級の支配者階級のみ。

残りの95%の百姓や庶民は育てた米は 献上し、
残りの微々たる米をひえやアワなどと混ぜて
粥にして炊いていました。

しかし、それで病気になったのは白米を
食べていた上流階級。 彼らはビタミン不足で
脚気になり、 重症化すると、死に至るという
危険性 もありました。

また、日清日露戦争で陸軍の戦死者 は多数に
上回りましたが、実はその 70~80%は戦死で
なく脚気だっという 話があります。

その原因は陸軍総監の森林太郎 (森鷗外)が
「脚気は脚気菌が原因」 として「銀シャリで
なくてはならぬ」と白米 ばかりを食べさせて
いたと言われています。

一方、高木兼寛率いる海軍は 「栄養的に白米飯
に原因があるのでは ないかと、主食を麦飯に
したり、動物性 たんぱく質をおかずに加えたり
しました。

それにより、脚気の死亡者はほとんど
出さなかったということです。

その後、脚気の原因が玄米の糠に含まれる
ビタミンB₁の不足によるもの だと
判明されました。

しかし、脚気の原因が白米飯にあった
ことが 分かったのにも関わらず、玄米食に
移行 することはありませんでした。

▼まとめ

「脚気」の原因は「白米」と分かったのにも
関わらず「玄米」食は定着しなかった。


「本当の食事」とは何か?
日本の不安な食事情を変えていきたいと
考えている方は私の公式LINEで
「日本でオーガニックを広める必勝法」
を読んでください。   
↓ ↓ ↓
https://lin.ee/lmbS5El
順次、お得な情報もお渡ししていきます。


▼参考文献
食物養生大全 鶴見隆史著

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

どうして米は小麦なの?

次の記事

精米の移り変わり