大量生産で失ったもの

こんにちは。

あなたは、スーパーに並ぶ形の揃った色とりどりの野菜や果物、どんな基準で購入する事を決めていますか?
大抵の人が、形の揃った綺麗なもの、色艶のいいもの、価格の安いものを基準に選んでいると思います。

しかし、これらは遺伝子操作や農薬により作られた技術の産物です。

生産効率をあげ低価格で市場に出すために、その作物の本来持つ味や風味、栄養や消費者の健康阻害などが全く無視された産物に成り代わりました。

本日は、このような産物に成り代わった過程をアメリカのトマト生産を例にしてお話ししたいと思います。

アメリカのトマト大量生産

アメリカでは、トマトの需要が高まるとともに1960年初め、収穫機械の導入が始まりました。

それにより、全トマト農家が競争の場に立たされることとなり、一部の大企業以外の、家族農家は一気に姿を消すことになってしまいました。

収穫機械で一度に効率よく大量生産するためには、先ずはトマトの収穫時期を揃えなくてはなりません。

農薬

収穫時期を一斉化するために、全体の15%のトマトが完熟し始めたころに、エチレンという合成農薬を大量に噴射して、一気にトマトを赤くします。

これにより、開花から完熟期の期間を一週間(またはそれ以上)早めることができ、これだけでも、次の栽培を早く進め、生産性を上げることができます。
このエチレンという物質は、元々トマトに含まれる成分で完熟時に酵素の働きを高め、トマトを赤くさせます。

しかし、吹きかけているのは合成農薬なのでトマトの中から取り出したものではなく、化学合成してトマトのエチレンに似せて生み出されています。

遺伝子操作

トマトを一度に効率よく収穫するためには、トマト自体がその機械にあった性質に変わる必要があります。

例えば、
・ゴロゴロ機械で動かしてもつぶれないようにする硬い皮であること
・まっすぐにコロコロとコンベアーを転がせ、ショックを与えづらくするために、長楕円形で小さいこと。
などが挙げられます。

また、大量生産のためには、強い日差しからトマトを守るために、
・葉の茂りをよくする
必要があります。

そして、加工業者からは
・酸味の少ない品種であること
も要望されます。

加工用トマトの実態

このように、トマトが作られるまでに考えられるのはすべて効率性です。
消費者側のメリットなどは全く考えられていません。
加工してしまえば、扱いづらい酸味を除き、調味料でどうにでも味をつけることが出来ます。

こうして作られるのは外皮の硬くて厚い、汁気も味もないトマト。

トマトホール(缶)を作るには、このような品種(長楕円形トマト)の方が合っていると聞いたことがありますが、日本のトマト(それもオーガニックで)のように甘いトマトで煮込んだ方が、やっぱり断然おいしいトマトソースが出来上がります。
結局、低価格で作るための口実でしかありません。

日本のトマト販売は、まだまだ国産が多いのでそこまでの品質低下はしていませんが、やっぱり味の薄い、甘みの少ないトマトが多いように感じられます。

加工用に生産されたトマトは、ヘタなどを掃除後、軽く潰された形で加工方法が決まるまで長期保存されますが、今度はそのために大量の防腐剤が使用されることになります。
防腐剤は食品添加物の保存料として認められているので、消費者からは危険なものという認識はされていないのが現状です。

日本の食糧自給

これまでのお話は実際にアメリカで起きてきた事ですが、トマトは比較的、作るのが難しい作物です。
近年の天候不順や化学肥料の高騰、農家の高齢化などで、日本でもトマトの生産が難しくなっています。
また、果物と同じように甘みのある作物は、虫に好まれやすく、農薬が欠かせません。
ですから、農薬や肥料不使用のものがとっても少ないのです。

日本の甘くておいしいトマトが、安全範囲で日本の市場に残り続けるためには、アメリカのように大企業に奪われないようにすることです。
今、遺伝子組み換えに変わるゲノム編集トマトが、障害者施設で無料で配られ、消費者のゲノム編集に対するブロックを外し日本でも広められようとしています。

ここでは、ゲノム編集の話は長くなるので割愛しますが、これを生産することで多くの農薬を使用します。
遺伝子組み換えの生産過程では多くの被害が出ています。
まだ、新しいものなので数年食べて被害が起こるかどうか、実例がないので分かりません。
また、トマトだけを食べて生きている人はいないので、食べてすぐに症状を起こさない限りは、実際それが原因かどうかを判断することはできません。

しかし、生産は消費するものがなくては、生産することができません。

消費者が選ばなければ、生産することが出来ないのです。

これから、もし食糧難になり、トマトが手に入らなくなり全ての価格が高騰した時に、大量生産されて安心でないトマトを選ぶか、品質にこだわった安心なトマトを選ぶかは消費者次第です。

ですが、その時になって安心なものを作ってくれる農家さんは消えてしまっているかもしれません。

今、私達が食べ続けたい(農薬や肥料をできるだけ使わない安心な作物)と思うものがあれば、その作物を作ってくれる農家さんを応援し購入して行きましょう。

そのような野菜が継続している市場に出回るようになるのなら、この食糧難は逆によい分岐点になっていくかもしれません。

あなたは子供たちの未来に何を残しますか?

━━━━━━━━━━

▼参考書籍

━━━━━━━━━━

ー丸元淑生著
『生命の鎖』

「キッチンで使える!7つの楽ちん㊙テク!」を、無料レポートでプレゼントしています!
ご登録は今すぐクリック⇩⇩⇩

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。